Z1000MK2 長期冬眠から動かしフルノーマルに戻す?ソフトレストア ブレーキキャリパー・マスターOH

「水曜日はZ1000MK2の日」
こうでもしないと全然前に進めません。今日もマイルドにしっとり進行致します(*´ω`*)

燃料通路からお漏らし・・・純正は廃盤だ

そんな中、パトロールしますとPMCからしっかりと部品がデリバリーされておりました。
助かるぅ~


*画像参照 PMC 適合 Z750FX-1,Z1000Mk2,Z1R ’78-’80のみ気を付けてね。

SUSになっておりますのでオーリングを交換すれば今後も対処可能。
非常にありがたい仕上がりになっております。

純正はミクニで良くある「一体型ダブル凸タイプ」
しっかり感は高いですが廃盤になるとキツイですよね。
とは言いうもののもう40数年経過しておりますので当然廃盤ですよね。

VM28SS よぉ~くチェックしつつ進行します

分解できるように作られてますので分解は可能。
はじめて分解するので罠?がないかゆっくりジックリです。

よくあるじゃないですか「球とスプリング」がびよ~ん!って
あとはダメ絶対パワープレーの精神で突き進みます~

シャフトストッパープレートも実に凝った造りで感動(*´ω`*)
分解することもよぉ~く考えられてますね。
フリクションにならないように「オチン付」の回り止めも素敵です。

思ったよりスムーズに分解、だが少し慣れが必要

圧入ピンとかは存在しないので比較的楽な部類ですね。
組む時がちょっと手間と言えば手間と言う印象ありました。

チェックと洗浄と交換完了(*´ω`*)さて漏れがないかチェック

マニュアルによるとZ1000MK2のキャブ油面は合口から2-4mmほど。
無難に4mmを狙っていきたいと思います。

油面工具はカワサキ純正 57001-208 ミクニに最適

非常に素晴らしい造りで「90度」に変換。
油面確認時のホースレイアウトの煩わしさが格段に減りますよ。

M6-P0.75ですのでご注意くださいませ。

油面工具はカワサキ純正 57001-208

実油面と一度ガソリンを通しておけば安心

1気筒ずつチェックするとガソリンが無駄になりません。
フロートをテープで押さえてOFF、これを1~4番まで行うと早いです。
*全気筒にガソリン通すと油面調整はムッチャ手間になります。

じわじわとドレンから滲むぞ??

オーリングが潰しきれないのか3-4だけポタポタ止まりません。
普通に銅パッキンで対処しましたよ。

#4だけじわじわ・・・ビュー(*´ω`*)

じわじわ油面が上がって「ビュー」
たまに止まったり出たりと厄介なんです。

よくある止まらないオーバーフローとは違う奴です。

ゴミもありませんし原因はひとつ「フロートバルブ」
換えてないんかーい!と言う感じではありますが私の見立てでは再利用可だったんです。
フロートバルブを手配して交換しておきますね。

今日も結局、躓いて保留・・・古いとそんなものです(*´ω`*)
続く

さぁ~て今日も・・・うふふ

株式会社ヒロチー商事 楽天市場店
¥9,439 (2024/04/13 12:03時点 | 楽天市場調べ)
  • URLをコピーしました!