「油冷伝説はここから始まった!」GSX-R750 GR71 車検 プラグ エンジンオイル フルードなどなど

プラグコードが硬い=交換したい追加依頼でございます。
部品が届きましたのでレッツゴーで交換いたしますね!

リアブレーキスイッチのスプリングが短いかも?の件
確かこの手はリターンスプリング下に固定する感じでうまくいきました。
これはクリアとなります(*´ω`*)

スズキ33410-31311 P90mmイグニッションコイル 1次側約4Ωのコイル
RRで叩くとこれが届きます。コードが長くて最高です。

ノーマルコードはすでに形状記憶してしまっております。
まぁ既に40年近く使ってますからね。

ざっくりですが4Ω位です。まぁ見ても見なくても良いです。。

コイルにラベルしておけば今後の作業が楽になります(*´ω`*)
ヘッドカバーを外す時にコイルを外す事が多いです。
その際に毎回マジックでマーキングするよりもしっかりとラベルしておけば楽で綺麗。

昔は「テプラ」を愛用しておりましたが剥がした時の「色ノリ残り」「薬品/溶剤に弱い」
そして色々調べてブラザーP-TOUCHに行き着いたのです。
昔YOUTUBEでもやりましたが「アセトン」で文字が消えないんです・・・
すごい事なんです・・・これ

悩んだらP-TOUCHが良いと思います。ちなみにいつも使っているので9MM幅ですよ。
現行ならPT-P710BTを私は買うでしょうね。

一応イグニッションコイルって+-ありますのでご注意ください(逆でも飛びますが・・・)
取付ボルトはフランジ付き(鉄)に変更します。+は基本的に効率悪いです。

純正のプラグコードにキャップねじ込むの非常に手間で「入ってる?」っと疑問を抱く確率100%。。。
なるべく楽に確実に挿入する私の方法お知らせいたします。

キリ的なものでコード中心の導線めがけて「ぶすり!」下穴的な要素で、とてもねじ込みしやすいです。
次にプラグキャップ側の深さを調べておきます。
どこまでねじ込めば良いのかを「数字」で知っておくと確実です。

そんなにうるさくないのでソコソコ近い位置まで入っていればOKです。
何も基準も無く今までねじ込んでOKにしていたと思えば「相当な進歩」?です。

ある程度でねじ込みを止めないと「コード側が緩くなる」のでご注意くださいましー

という感じでプラグコードレイアウトしました。
地味なこだわり1と4コード/2と3コードを入れ替えれ可能かつ綺麗な取り回しをするを目指しております。
プラグコードを「最短」で作られると「リカバー」もできなくなるので余裕は欲しい所ですね。

ナンバーリングはもちろんP-TOUCHで作っております。
あと個人的な意見ですが「コードクランプするナンバーリング」はできれば・・・やめて欲しい
脱落したりする可能性はゼロではありません。
これを装着している人のは「一度外して数字マジック、作業後に戻す」
私個人的には怖くてプラグは外せないですかね・・・
自身で責任取れる方はOK!当店は不可と言う事だけです~

エンジンオイルとフィルターをシェルアドバンス冬季ブレンドへ交換しました。

GR71にもこのテールカウルは似合うなぁ~っとしみじみ思いました。
後は試乗して完成でございます~

本日の「逸品?」

株式会社ヒロチー商事 楽天市場店
¥10,427 (2024/04/16 11:29時点 | 楽天市場調べ)
  • URLをコピーしました!